--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少し間が空きましたが「尻尾切断ランゴ」の解説です
使うカードが多いので難しそうな感じがするデッキなのですが、実際はただ倒していくだけでいいデッキなので扱いやすかったりします(おねーさんでも扱えたヨ!)

全カードの扱い方を紹介していると大変なので、低パワーのカードのようなよく使われるカードの説明は省き、デッキの軸となるカードの説明だけにしていくことにしました


まずはこのカード

img268.jpg

「女王笛ランゴスタ」
このデッキに無くてはならない柱とも言えるカードです
このカードがキャンプにあるときに、自分の素材置き場に「クイーンランゴスタ」があれば1枚につきGPが+200されます
「女王笛ランゴスタ」がキャンプにいる時にしか働かない効果なので、GPが使用条件になっている「シビレ罠ニャ」などを使う場合は気をつけてください

「クイーンランゴスタ」
こちらも必須カードですね
「女王笛ランゴスタ」を出すために必要な上、クエスト対応、<オープン>で序盤の狩り妨害など用途は広く重要なカードです
5弾にも「クイーンランゴスタ」があるのですが、そちらを使わなかったのは連続狩りがしやすいのがコチラだからです
結果として、ギルドモンスターとハンターが一人寝ることになりますが、1ターンに2枚狩ることができる上、クエスト達成を妨害しようと割り込まれれば「ショウグンギザミ」で相手ハンターのパワーを利用して寝るのを防ぐこともありえます

img267.jpg

「龍刀【劫火】」
尻尾を切るために必要なハンターです
「尻尾切断」を使うためでもありますが、彼にはもう一つ重要な仕事があります
「リオレウス」の尻尾を切ると、自分の捨て場のカードを1枚拾って手札に加えることができます
「女王笛ランゴスタ」の強化に使ったり、「メラルー」などで捨て場に送られた「クイーンランゴスタ」の回収などが主な使用用途です

img269.jpg

このデッキでの主なGP源ですね
「クイーンランゴスタ」4枚でGP800、「尻尾切断」でGP800
このくらいであれば妨害されること無く簡単に満たせる条件です
「ディアブロス亜種※」をサーチするために、「大地を泳ぐモンスター」をクリアしていると思うので残りGPは100
「ドスジャギイ」「女王虫の羽音」1枚でGP2000達成です
「ラギアクルス」は討伐できるとは考えていませんが入れてみました

img270.jpg

「テオ・テスカトル」
実はほぼ飾りで入ってます
ルール上、サブデッキのクエストカードは合計でGP2000以上にならないといけないので、その点を解決するために入れてあります
とはいえ、討伐もできないわけではないです(パワー100足りてないですが)


~あとがき~

基本的に「このクエストを達成しなければ勝てない!」というデッキではないのでマイペースに戦えます
妨害カードを増やせば相手の動きを止めつつ、自分のGPをちまちま稼ぐことができますし戦いやすくなると思います
「リオレイア亜種」を3弾「リオレイア」に変えるとドロー強化され、より早く回転します
やりたいコトを詰め込んだだけのデッキなので公開すべきか悩んだのですが、潰しても大丈夫なようにデータバンク化していこうと思い、多少デキが悪くとも片っ端から出して行こうと思います

コンセプトは「女王笛ランゴスタを使いたい!!&なるべく大物狩りはしない」です
実際使ってみてもバランスは良く、扱いやすいので改良していけば長く使えるかな?という感じ

「尻尾切断ランゴ」

初期ハンター
サクラノリコーダー(1弾)
飛竜刀【青葉】(5弾)  

ハンター
グラインドクレイモア(2弾) ×3
龍刀【劫火】(2弾) ×1
女王笛ランゴスタ(1弾) ×1

ギルドモンスター
ディアブロス亜種※(2弾) ×2

ターゲットモンスター
ショウグンギザミ(4弾) ×4
ドスガレオス(2弾) ×4
リオレイア亜種(4弾) ×4
ドスジャギィ(5弾) ×2
クイーンランゴスタ(1弾) ×4
リオレウス(2弾) ×3
ナルガクルガ(5弾) ×2
テオ・テスカトル(2弾) ×1
ラギアクルス(5弾) ×1

イベント
集会場 ×2
尻尾切断 ×4

サブデッキ
大地を泳ぐモンスター ×2
女王虫の羽音 ×3
煉獄の主、怒れる炎帝 ×1
トレーニングニャ ×1
回復ニャ ×1
シビレ罠ニャ ×1
起きるニャ ×1
日にちが空いてしまいましたが、「昏冥バサル」の解説です

デッキレシピは前回の記事をどうぞ
「昏冥バサル」デッキレシピ

このデッキは片手・片手なので、事故というほどの事故はまず起こりません
さらに「闇夜剣【昏冥】」の強さも相まって実に扱いやすいです

このデッキのハンターはこの3枚です
img259.jpg

コロナ」も「ヒドゥンエッジ」もバニラなので特別な使い方もなく、低パワーターゲットモンスターを問題なく狩れるので説明は不要ですね

最上級ハンターは「闇夜剣【昏冥】
このカードは狩場にいてもキャンプにいても相手のカードの能力に選ばれないという<オート>能力を持っています。他のTCGで言えば「対象にならない」と同義です

よく使われる「ショウグンギザミ」のように「狩場にあるハンターを1枚選んで~」という効果に選ぶことができません
あくまで「相手のカードの能力」なので、自分の「ショウグンギサミ」の対象に自分の「闇夜剣【昏冥】」を選ぶことはできます

ただし、対象を取らない能力の影響は受けてしまうので注意しましょう
このデッキにも採用されている「ナルガクルガ」のような「狩場にあるハンターの中で先頭のハンター~」は対象を取っていないので「闇夜剣【昏冥】」も効果の影響を受けてしまいます

このデッキのギルドモンスター「バサルモス※
img169.jpg

ヒドゥンエッジ」が条件となっているので、必ず出しましょう
と言っても「ヒドゥンエッジ」無しで天燐なんてまず狩れないので必ず出すとは思いますケド
出した後も、使いまわしできるので4積みしてあります
<アクティヴ>なので、準備ゾーンに表向きで出しておきましょう
キャンプか狩場に自分の「バサルモス※」がある場合なので、相手ターンでも使えるのが強み
効果も相手の準備ゾーンのカードを表向きか裏向きか選んで使えるので、状況に応じて使える万能カードです


img260.jpg

このデッキの鱗カードですね
どれを狩っても「コロナ」では寝てしまうので、パワー700の「リオレイア」も序盤から気にせず狩っていきましょう
相手のデッキタイプによっては「リオレイア亜種」はすぐには狩らずに伏せておくことも重要です
一度でも狩ってしまうと「リオレイア亜種」があると警戒されるので、できれば他の2枚を狩って素材にしましょう

img261.jpg

対「銀レウスデッキ」用に入れてみました
天燐2枚狩りを止めることは無理なので、1枚は葬ってしまう為に採用しています
コレも<アクティヴ>なので出すときは表向きで

img262.jpg

闇夜剣【昏冥】」はパワー1200と心もとないので採用しています
1枚で1500、2枚で1800まで上がるので割り込みもそれに応じてやりやすくなっていきます
ショウグンギザミ」を使ってでもなるべくクリアしてきたいカードです

img263.jpg

こっちは天燐獲得と兼ねてますね
回らないなんてことが少ないので、あまり無理して狙うほどでもないです
特に狩るべきものが無いときにはクリアしてもいい程度です

img264.jpg

同じく天燐要因です
主に序盤の妨害に使用します

img265.jpg

ティガレックス」はこのデッキの大物ターゲットモンスターですね
まず、能力ですが<オープン>で相手の準備ゾーンの裏向きのカードをそのまま手札に戻します
表向きになることで効果が発動する「リオレイア亜種」や「ラージャン」の影響を受けることなく手札に戻させます
バサルモス※」の<アクティヴ>を使って裏向きにしてから「ティガレックス」の<オープン>を使えば表向きのカードも手札に戻せますね
効果を使い終わった「アカムトルム」や「ウカムルバス」などを上記の方法で手札に戻した後にオトモカード「ご挨拶するのニャ」を使えば大物狩りを遅らせることもできる強力なカード

狩るときは基本的には総動員
ショウグンギザミ」1枚あれば割り込みで苦労することはまずありません
怖いのはパワーダウンだけですが、「トレーニングニャ」などで対応していきましょう

img266.jpg

基本的にこのデッキは4クエスト型です
猪+ティガ か 蒼+ティガ を使った組み合わせになります
理想は「闇夜剣【昏冥】」を強化していく 猪+猪+ティガ+ティガ ですね
ダイコンは米のとぎ汁で茹でておくと柔らかくなるヨ
牛スジは下準備に時間がかかるケド、串に刺さっている既製品を買うより圧倒的に安く、しかも柔らかく出来るので、お肉屋さんで「牛スジ肉」をまとめ買いしちゃいましょう!!

さて、今回はデッキレシピです
10.24オタッキー新瑞橋で使ったモノではなく、その後のフリープレイで使ったデッキ

「昏冥バサル」

【初期ハンター】
コロナ ×2

【ハンター】
ヒドゥンエッジ ×3
闇夜剣【昏冥】 ×2

【ギルドモンスター】
バサルモス(5弾) ×4

【ターゲットモンスター】
ドスファンゴ ×4
ショウグンギザミ ×4
リオレイア(3弾) ×4
リオレイア亜種(4弾) ×2
メラルー ×2
ガノトトス亜種(2弾) ×2
リオレウス亜種(1弾) ×4
ナルガクルガ(3弾) ×2
ティガレックス(4弾) ×3

【イベント】
集会場 ×2

【サブデッキ】
猪突猛進!ドスファンゴ ×2
王の領域 ×2
絶対強者 ×2
トレーニングニャ ×2
起きるニャ ×1
ご挨拶するのニャ ×1
2009/10/20 Tue 07:30 MHHC | ゲーム | MHHC【デッキレシピ】
前回の公認大会で使用したデッキです
基本コンセプトは「フローズンインパクトが使いたい!」です
かつ「ディアブロス亜種※の能力も生かしたい!!」でもあります

img238.jpg


【初期ハンター】
イャンクック砲 ×1
アイアンストライク改 ×1

【ハンター】
フローズンインパクト ×2
老山龍砲・極 ×2

【ギルドモンスター】
ババコンガ※ ×4
ディアブロス亜種※ ×1

【ターゲットモンスター】
モノブロス(1弾) ×2
ショウグンギザミ(1弾) ×4
ドスファンゴ ×4
リオレウス(4弾) ×2
グラビモス亜種(4弾) ×4
アカムトルム ×4
ウカムルバス ×1

【イベント】
キノコ採取 ×4
角笛 ×2
集会場 ×1
書類整理 ×1

【サブデッキ】
猪突猛進!ドスファンゴ ×2
湿地帯の黒き鎧 ×2
起源にして、頂点 ×1
絶対零度 ×1
回復ニャ ×2
起きるニャ ×1
ご挨拶するのニャ ×1


中堅ハンターがおらず「フローズンインパクト」を出すのにも手間がかかるので、早い段階で「老山龍砲・極」を出したいところです

img240.jpg


でも、天燐狩りは邪魔されやすい上に「老山龍砲・極」を出してしまうと「ババコンガ※」が使えなくなってしまうので、場合によっては「イャンクック砲」のドロー効果で「キノコ採取」を集めるのもアリです
天燐を狩るときのセオリーはもちろんコレ
img239.jpg
(逆になってるのは気にしない(;´Д`))



キーカードはコレ!!
img241.jpg

アカムトルム」は序盤の妨害に使用します
討伐するのは1体でいいので、使った後に邪魔になれば捨ててしまっても問題ないです
むしろ後半ではあんまり役に立たないので、要所要所でしっかりと撃っていきましょう

キノコ採取」はこのデッキの要
コレがないとまず「フローズンインパクト」は出せないです
2枚引ければあとは適当な素材3枚狩れば出せるので、2ターン目までに2枚は欲しいですね
フローズンインパクト」を出してしまった後も、素材確保に使えるので、強力な「ご挨拶するのニャ」などの高コストカードも使えます

クエスト対応にもなっている「グラビモス亜種
<オープン>は相手の準備ゾーンに表向きのカードが3枚以上あるとき、ですが「ディアブロス亜種※」の能力があるので、使う機会は結構あったりします
表向きで置いてある「リオレウス」などの強力なアクティヴを持つカードや、持て向きにしなかった裏向きのカードをデッキの下に戻せるので地味に強いです
効果持ち&高GPターゲットモンスターなんかが置いてあった場合、真っ先にデッキに戻してやりましょう


~あとがき~
勝てる勝てないは置いておいて、自分の好きなカードで対戦するのは楽しいですね
やることやれないことが決まっているデッキは確かに強いんですが、「遊んでる」というより「やらされている」感が強いので3弾時の「ラオ極」なんかも使って無かったです

本当はこのデッキも「老山龍砲・極」など使うつもりはなく、「崩笛イコカムルバス」で最初組んでいたのですが、恐ろしく重かったんですよネ

「角破壊」を入れていないのは、単に余っていないからだったりします
6個目のデッキとして作ったのですが、他のカードは残り物で代用できたのですが「角破壊」に関しては余ってないんですよね
名古屋プレイヤーで「角破壊」と「モノブロス亜種」が余っている方がいたらトレードしていただきたいです




私はTCGはデッキを組んでいるときが一番楽しかったりするタイプです
アナタはどんなタイプですか?対戦が好きですか?トレードですか?ファンデッキですか?
人によってはただの紙束ですが、TCGには対戦だけではない色んな楽しみがあっていいですよね
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。