--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今回はMHHC「コンセプトデッキ/クシャルダオラ」のテーマにもなっている部位破壊について紹介していきましょう

「「部位破壊」と「古龍出現」どっちがいいの?」と初心者さんは迷ってしまいますしね
どういったものなのか少しでも知っていたほうがデッキ選びの材料になると思います(`・ω・´)
実際は両方買うというのがベストなんですが、タダで手に入るものでもないですし、特に学生層には切実な問題ですしね(私も中学時代はMTGで経験ありますし)

モンスターハンターのゲームをプレイしたコトがある人はご存知かと思いますが、モンハンではモンスターの体の一部分を破壊して弱体化させることができますね
尻尾を切ってリーチを短くしたり、翼を破壊してスリップさせたり……
それをMHHCで再現したのが「部位破壊システム」です!!
5弾現在で部位破壊できるのは尻尾の2つです
もちろん破壊できる武器は限られていますので、ハンマーならどのハンターでも角が折れるというワケではありません

ハンターカードのテキストに<部位破壊/角>や<部位破壊/尻尾>と書いてあるハンターのみが部位破壊することができます

img278.jpg

そして、部位破壊されるモンスターも<部位破壊/角>や<部位破壊/尻尾>と書いてあるターゲットモンスターが対象となります

img279.jpg

なので、部位破壊をコンセプトとしたデッキを作る場合気をつけてカードを選びましょう

部位破壊の判定は、狩りフェイズでお互いのプレイヤーがカードの能力を使い終わったあとの討伐判定の直前で行われます

お互いのカード能力使用 → 割り込み → お互いのカード能力使用 → 部位破壊判定 → 討伐判定

となります

実際に「部位破壊」をしてみましょう
まずは私も大好きな「角破壊」です
ハンターには<部位破壊/角>を持っている「フローズンインパクト」と、<部位破壊/角>を持つターゲットモンスター「モノブロス亜種」です
どちらも<部位破壊/角>を持っているので、部位破壊の条件は満たしていますね

img273.jpg

ターゲットモンスターで<部位破壊/角>や<部位破壊/尻尾>を持っている場合、必ず効果を持っています
「モノブロス亜種」の場合は

<部位破壊/角>:部位破壊に成功したプレイヤーはカードを1枚引く。その後、狩りの終了時まで、このカードのパワー-1200


という部位破壊効果を持っています

この場合「フローズンインパクト」の能力で「モノブロス亜種」の角が折られます
そして、討伐判定時(実際は討伐判定の直前)に「モノブロス亜種」の効果が発動します
まずカードを1枚引き、その後「モノブロス亜種」のパワーが-1200されてパワー1000になります

そのままではパワー2200の「モノブロス亜種」にはパワー1200「フローズンインパクト」では討伐することができませんが、部位破壊をして弱体化させることにより討伐が可能となりました



<部位破壊/尻尾>も同じです

img274.jpg

<部位破壊/尻尾>を持つターゲットモンスターを<部位破壊/尻尾>を持つハンターで討伐します
ちなみに、この場合パワーが足りずに討伐できません
ですが、討伐はできなくても部位破壊は可能なので、「リオレイア亜種」の部位破壊効果は発生します
ただし、部位破壊をして討伐に失敗したターゲットモンスターは準備ゾーンに戻らずに捨て場に送られます


<部位破壊/○○>は、条件が決まっている代わりに強力な効果を持ちます
基本的にはターゲットモンスターの弱体化ですが、中にはそれ以外の特殊な効果があったりします
<部位破壊/角>は主にドロー、<部位破壊/尻尾>はカード操作といった具合でしょうか


更に部位破壊専用のサポートカードも用意されています

img272.jpg

部位破壊デッキであればまず入れるであろうカードです
それぞれ<部位破壊/角>と<部位破壊/尻尾>に対応した専用のイベントカードです

<オープン>:ターンの終了時まで、あなたのハンターが角(尻尾)を部位破壊した時、このカードをサブデッキ置き場に表向きで置く。
<オート>:このカードがサブデッキ置き場にある場合、あなたのGP+200。


<オープン>を持つイベントカードなので、準備ゾーンに裏向きで置いておき、狩りフェイズのカード効果を使うタイミングで<オープン>します
そして、自分のハンターが部位破壊に成功した場合、サブデッキ置き場に表向きで置きます
部位破壊に失敗した場合、サブデッキ置き場に置くことはできませんが、このカードの効果は「ターンの終了時」までなので、続けて狩りをして部位破壊をすればOKです
ターン終了時までに部位破壊できなかった場合は、通常通り表向きのイベントカードなので捨て場に送られます

1枚でGP200となるので、4枚でGP800と侮れない数値になります
部位破壊をメインにするのであれば何枚かは入れておくといいですよ
... 続きを読む
mixiの方にメッセージを頂いたり、公認大会を開催している店の店員さんからも質問があったりするので、ココで1度まとめてみました

Question
ベーシックスターターやハーフスターターが手に入らないのですが、パックだけを買ってもデッキは作れるのでしょうか?

Answer
はい。パックだけでもデッキは作れます
「Magic: The Gathering」のようにマナを生み出す土地は必要ないですし、ポケモンカードのように攻撃するのにエネルギーカードも必要ありません
最低限必要な「ハンターカード」「ターゲットモンスターカード」「クエストカード」「オトモカード」は全てパック購入で手に入ります
もちろん他の「ギルドモンスターカード」「イベントカード」もパックから手に入ります

とはいえ、ハーフスターター1個でかなりのパーツが揃いますし、手に入るのであれば購入をおススメします
パックだけでデッキを作る場合、1つのエクスパンションで絞ったほうがデッキを作りやすいです
中途半端に1~5弾を3パックずつ計15パック買うよりは、どれか一つのエクスパンションを15パック(1BOX)買ったほうがプロモカードも1枚付いてくるのでオトク(`・ω・´)
デザイナーズデッキをベースに自分好みにアレンジすることができるので、初心者にもデッキが作りやすいのです

オススメは1弾「樹海の影」
基本パーツの「ショウグンギザミ」や「ナナ・テスカトリ」「集会場」「角笛」「回復ニャ」「トレーニングニャ」などが手に入ります
人気デッキの「リオレウス希少種※」、対応ハンターの「黒刀【終ノ型】」「イヌキ」も1弾に収録されていますし、BOXで購入すれば「ガオレンズトゥ-カ」も手に入ります

補助的な役割で言えば4弾「金色の怒り」5弾「海洋の王者」がオススメです
前者は低パワーターゲットモンスターが優秀で、いろんなデッキに採用しやすく、後者は高パワーターゲットモンスターが強力ですが素材の関係でデッキを選びます


Question
公認大会に参加してみたいのですが、必要なものはなんでしょうか?

Answer

必須なのは「デッキ」ですね
コレがないと対戦できません

お店によって異なるのですが、参加費300円程度は持って行きましょう

基本的に必須なのはこの2つです 「デッキ」「参加費」

他にあると便利なのは、「電卓(ケータイ)」「ルールブック」「プレイシート」
電卓は、パワーが変動しやすいMHHCではあると非常に便利です
ルールブックは主に自分が確認するのに使いましょう、プレイ中に見ても問題ありません
プレイシートも主に自分がカードを置く場所を覚えるまでの練習と言う意味であると便利です

ルールブックもプレイシートも公式サイトからDLできます
ルールブック
プレイシート


とりあえず、今回はここまでです
MHHCも1周年とのことですが、まだまだマイナーTCGです
これからも盛り上げて行きたいですネ
2009/10/20 Tue 21:30 MHHC | ゲーム | MHHC【初心者向け】
今日もデッキレシピです
今回は、前回のハーフスターターを使ったものから踏み込んで作りやすくてそれなりに戦えるデッキをコンセプトに作成します

レア4こそ使わないですが、レア3をいくつか使用します
ただ、幸いなことにMHHCはレア3であれば100円~で購入できるので、狙いを絞ってシングル購入すれば安価に作れるのが初心者さんが始めやすいいい点だと思います

【初期ハンター】
鬼ヶ島 (2弾)
鬼斬破 (1弾)

【ハンター】
サンドフォール改 ×4 (4弾)
タイタンパンツァー ×1 (2弾)
崩刀ウコトカムルバス ×1 (4弾)

【ギルドモンスター】
ナルガクルガ※ ×3 (1弾・キリン)

【ターゲットモンスター】
ショウグンギザミ ×4 (1弾・キリン・ナルガ)
リオレイア ×4 (5弾)
リオレイア亜種 ×2 (4弾)
イャンクック亜種 ×2 (4弾)
リオレウス亜種 ×3 (3弾)
ドドブランゴ亜種 ×2 (4弾)
ヴォルガノス ×2 (5弾)
テオ・テスカトル ×2 (4弾)
テオ・テスカトル ×2 (5弾)
オオナズチ ×2 (1弾)

【イベント】
角笛 ×1 (1弾・キリン・ナルガ)
集会場 ×2 (1弾・キリンナルガ)
書類整理 ×1 (5弾プロモ)

【サブデッキ】
王の領域 ×2 (3弾・キリン)
真夜中の謁見 ×2 (4弾)
しじまの向こう ×1 (1弾)
回復ニャ ×1 (1弾・キリン・ナルガ)
トレーニングニャ ×2 (1弾)
ご挨拶するのニャ ×1 (5弾)
起きるニャ ×1 (1弾)



以下解説です
... 続きを読む
2009/10/08 Thu 00:11 MHHC | ゲーム | MHHC【初心者向け】
さて、今回のコンセプトは「お手軽」です
本当はベーシックスターターを使ってはじめるのが、初心者さんにはオススメなのですが、いかんせん売ってない…というより生産中止という困った状態

かと言って、ハーフスターターは枚数が足りないのでそのままでは使えない、初心者さんは何を入れたらいいのかわからない…という困ったデッキです

なので、今回はハーフスターターキリン、ハーフスターターナルガを1つずつと発売されたばかりで入手しやすい5弾のカードを使ってデッキを作ってみましょう
デッキもテクニカルな難しいものを避けて、わかりやすくかつある程度戦えるデッキを目指します



デッキ名

<初期ハンター>

クックツインズ改(5弾) 1枚
コロナ(ナルガ) 1枚

<ハンターカード>
封龍剣【超絶一門】(ナルガ) 1枚
雷神宝剣キリン(ナルガ) 2枚
双聖剣ギルドナイト(キリン) 1枚
闇夜剣【昏冥】(5弾) 1枚

<ギルドモンスター>

イャンクック※(ナルガ) 1枚

<ターゲットモンスター>

ショウグンギザミ(ナルガ・キリン) 4枚
フルフル(ナルガ・キリン) 2枚
ドスガレオス(ナルガ・キリン) 4枚
ゲリョス(5弾) 4枚
フルフル亜種(5弾) 2枚
フルフル亜種(キリン) 1枚

ナルガクルガ(ナルガ) 1枚
ナルガクルガ(5弾) 2枚
グラビモス(5弾) 2枚
ドドブランゴ亜種(ナルガ) 2枚
イャンガルルガ(5弾) 2枚

<イベント>

集会場(ナルガ・キリン) 2枚
角笛(ナルガ・キリン) 2枚
狩りの時間(5弾) 2枚

<クエスト>

大地を泳ぐモンスター(ナルガ・キリン) 1枚
砂漠地帯の暴れん坊(ナルガ) 2枚
薄暮に荒れる黒き凶風 2枚

<オトモ>

回復ニャ(ナルガ・キリン) 1枚
ご挨拶するのニャ(5弾) 1枚
鬼人笛なのニャ(ナルガ・キリン) 1枚
ふんばるっチャ(5弾) 1枚
熟成を待つっチャ(5弾) 1枚



結構無理があった…(;´Д`)
なるべくお金を使わなくていいように、ハーフスターターのカードをメインとして5弾のカードも手に入れやすく、トレードもしやすいレア3以下に統一しました
「イャンクック※」1枚ってのが…

以下解説
... 続きを読む
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。