--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、新しく判明したコンセプトデッキの新カードの紹介をしていきましょう

MHHC.jpg

まずはコンセプトデッキ/クシャルダオラに収録されるターゲットモンスター「クシャルダオラ」
デッキのコンセプトどおり<部位破壊/角>を持っていて倒しやすくなっていますね
<オープン>に関しては雪山限定なので使う場面は限られますが、この「クシャルダオラ」が複数枚投入されていて、クエスト対応となれば使う場面も出てきます
割り込みに入ってきた相手ハンターに使うことによって自分で「クシャルダオラ」を討伐しやすくなりますね
ホイル仕様でないことを祈りましょう

同じくコンセプトデッキ/クシャルダオラ収録のハンター「轟槌【虎丸】」
<部位破壊/角>を持っているので、先の「クシャルダオラ」の角を折ることができます
ただし、中堅ハンターでありながらパワー0なので少し使いづらいですね
パワーが足りていなくて討伐ができない場合でも部位破壊は可能なので、3弾「モノブロス」などの低パワーターゲットモンスターを狩って「角破壊」をオープンしてからのほうが使いやすいですね
この場合、「轟槌【虎丸】」自体はパワー0なのでもう一人のハンターに寄生させましょう

「角破壊」
1枚につきパワー+400されていくので、最大でパワー1600
中堅ハンターとしてはかなり高い数値ですし、ここまで上げてしまえば単体で「クシャルダオラ」が狩れますね
ちなみに扱いやすさだけで言えば、私も愛用している「ツインブロスハンマー」の方が扱いやすいですが、「角破壊」をオープンした後であれば「轟槌【虎丸】」に派生させるのもアリかもしれませんね


次はコンセプトデッキ/テオ・テスカトルに収録のギルドモンスター「テオ・テスカトル※」
パワー2200と3弾「テオ・テスカトル※」よりは少し低いです
どちらも<古龍出現>を持つので使い捨てなのは変わりませんが、能力が違うのでデッキによってどちらを採用すべきか変わってきます
コンセプトデッキ版は「場に出たときに、相手の準備ゾーンにある裏向きのカード1枚をデッキの下に戻す」効果です
オープンしないので、5弾「ラージャン」のような強力なトラップ能力を封殺できる上に、そのカードが相手にとって重要なカードであった場合、たとえば<オープン>を使おうと伏せていた大物ターゲットモンスター等であれば狩りを遅らせることができるので強力です

同じくコンセプトデッキ/テオ・テスカトル収録のハンター「覇剛刀クーネタンカム」
パワーは2100と一見高いのですが、相手準備ゾーンにある裏向きのカード1枚につきパワーがマイナス300されるデメリットがある上に、必要素材も甲殻(赤)+1とやや重め
基本的に裏向きのカードは3枚伏せてターン終了する事が多いので、そのままだとパワーは1200
「テオ・テスカトル※」の能力を使って1枚潰してもパワー1500と、やや扱いに困るハンターさん
ですが、そのことを計算して討伐できるようにすれば相手が邪魔しようと<オープン>を使えばそれだけで「覇剛刀クーネタンカム」のパワーがプラス300されるので、駆け引き次第ではそのデメリットすら生かせます
そういう意味ではやっぱり初心者さんには扱いづらいと思います
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://milukayurika.blog76.fc2.com/tb.php/51-2eb68e3b
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。