--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日にちが空いてしまいましたが、「昏冥バサル」の解説です

デッキレシピは前回の記事をどうぞ
「昏冥バサル」デッキレシピ

このデッキは片手・片手なので、事故というほどの事故はまず起こりません
さらに「闇夜剣【昏冥】」の強さも相まって実に扱いやすいです

このデッキのハンターはこの3枚です
img259.jpg

コロナ」も「ヒドゥンエッジ」もバニラなので特別な使い方もなく、低パワーターゲットモンスターを問題なく狩れるので説明は不要ですね

最上級ハンターは「闇夜剣【昏冥】
このカードは狩場にいてもキャンプにいても相手のカードの能力に選ばれないという<オート>能力を持っています。他のTCGで言えば「対象にならない」と同義です

よく使われる「ショウグンギザミ」のように「狩場にあるハンターを1枚選んで~」という効果に選ぶことができません
あくまで「相手のカードの能力」なので、自分の「ショウグンギサミ」の対象に自分の「闇夜剣【昏冥】」を選ぶことはできます

ただし、対象を取らない能力の影響は受けてしまうので注意しましょう
このデッキにも採用されている「ナルガクルガ」のような「狩場にあるハンターの中で先頭のハンター~」は対象を取っていないので「闇夜剣【昏冥】」も効果の影響を受けてしまいます

このデッキのギルドモンスター「バサルモス※
img169.jpg

ヒドゥンエッジ」が条件となっているので、必ず出しましょう
と言っても「ヒドゥンエッジ」無しで天燐なんてまず狩れないので必ず出すとは思いますケド
出した後も、使いまわしできるので4積みしてあります
<アクティヴ>なので、準備ゾーンに表向きで出しておきましょう
キャンプか狩場に自分の「バサルモス※」がある場合なので、相手ターンでも使えるのが強み
効果も相手の準備ゾーンのカードを表向きか裏向きか選んで使えるので、状況に応じて使える万能カードです


img260.jpg

このデッキの鱗カードですね
どれを狩っても「コロナ」では寝てしまうので、パワー700の「リオレイア」も序盤から気にせず狩っていきましょう
相手のデッキタイプによっては「リオレイア亜種」はすぐには狩らずに伏せておくことも重要です
一度でも狩ってしまうと「リオレイア亜種」があると警戒されるので、できれば他の2枚を狩って素材にしましょう

img261.jpg

対「銀レウスデッキ」用に入れてみました
天燐2枚狩りを止めることは無理なので、1枚は葬ってしまう為に採用しています
コレも<アクティヴ>なので出すときは表向きで

img262.jpg

闇夜剣【昏冥】」はパワー1200と心もとないので採用しています
1枚で1500、2枚で1800まで上がるので割り込みもそれに応じてやりやすくなっていきます
ショウグンギザミ」を使ってでもなるべくクリアしてきたいカードです

img263.jpg

こっちは天燐獲得と兼ねてますね
回らないなんてことが少ないので、あまり無理して狙うほどでもないです
特に狩るべきものが無いときにはクリアしてもいい程度です

img264.jpg

同じく天燐要因です
主に序盤の妨害に使用します

img265.jpg

ティガレックス」はこのデッキの大物ターゲットモンスターですね
まず、能力ですが<オープン>で相手の準備ゾーンの裏向きのカードをそのまま手札に戻します
表向きになることで効果が発動する「リオレイア亜種」や「ラージャン」の影響を受けることなく手札に戻させます
バサルモス※」の<アクティヴ>を使って裏向きにしてから「ティガレックス」の<オープン>を使えば表向きのカードも手札に戻せますね
効果を使い終わった「アカムトルム」や「ウカムルバス」などを上記の方法で手札に戻した後にオトモカード「ご挨拶するのニャ」を使えば大物狩りを遅らせることもできる強力なカード

狩るときは基本的には総動員
ショウグンギザミ」1枚あれば割り込みで苦労することはまずありません
怖いのはパワーダウンだけですが、「トレーニングニャ」などで対応していきましょう

img266.jpg

基本的にこのデッキは4クエスト型です
猪+ティガ か 蒼+ティガ を使った組み合わせになります
理想は「闇夜剣【昏冥】」を強化していく 猪+猪+ティガ+ティガ ですね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://milukayurika.blog76.fc2.com/tb.php/44-59c5f336
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。