--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/08 Thu 00:11 MHHC | ゲーム | MHHC【初心者向け】
さて、今回のコンセプトは「お手軽」です
本当はベーシックスターターを使ってはじめるのが、初心者さんにはオススメなのですが、いかんせん売ってない…というより生産中止という困った状態

かと言って、ハーフスターターは枚数が足りないのでそのままでは使えない、初心者さんは何を入れたらいいのかわからない…という困ったデッキです

なので、今回はハーフスターターキリン、ハーフスターターナルガを1つずつと発売されたばかりで入手しやすい5弾のカードを使ってデッキを作ってみましょう
デッキもテクニカルな難しいものを避けて、わかりやすくかつある程度戦えるデッキを目指します



デッキ名

<初期ハンター>

クックツインズ改(5弾) 1枚
コロナ(ナルガ) 1枚

<ハンターカード>
封龍剣【超絶一門】(ナルガ) 1枚
雷神宝剣キリン(ナルガ) 2枚
双聖剣ギルドナイト(キリン) 1枚
闇夜剣【昏冥】(5弾) 1枚

<ギルドモンスター>

イャンクック※(ナルガ) 1枚

<ターゲットモンスター>

ショウグンギザミ(ナルガ・キリン) 4枚
フルフル(ナルガ・キリン) 2枚
ドスガレオス(ナルガ・キリン) 4枚
ゲリョス(5弾) 4枚
フルフル亜種(5弾) 2枚
フルフル亜種(キリン) 1枚

ナルガクルガ(ナルガ) 1枚
ナルガクルガ(5弾) 2枚
グラビモス(5弾) 2枚
ドドブランゴ亜種(ナルガ) 2枚
イャンガルルガ(5弾) 2枚

<イベント>

集会場(ナルガ・キリン) 2枚
角笛(ナルガ・キリン) 2枚
狩りの時間(5弾) 2枚

<クエスト>

大地を泳ぐモンスター(ナルガ・キリン) 1枚
砂漠地帯の暴れん坊(ナルガ) 2枚
薄暮に荒れる黒き凶風 2枚

<オトモ>

回復ニャ(ナルガ・キリン) 1枚
ご挨拶するのニャ(5弾) 1枚
鬼人笛なのニャ(ナルガ・キリン) 1枚
ふんばるっチャ(5弾) 1枚
熟成を待つっチャ(5弾) 1枚



結構無理があった…(;´Д`)
なるべくお金を使わなくていいように、ハーフスターターのカードをメインとして5弾のカードも手に入れやすく、トレードもしやすいレア3以下に統一しました
「イャンクック※」1枚ってのが…

以下解説
それほど扱いの難しいカードは入れていないですが、基本的な使い方を紹介していきましょう

初期ハンターは「コロナ」「クックツインズ改」です
img231.jpg

「コロナ」はパワー400と扱いやすいスタンダードな初期ハンターですね
ただし、パワー400のターゲットモンスターと一人で戦った場合、討伐は出来ますが横向きになってしまうので注意です
「クックツインズ改」はパワーこそ「コロナ」より低いものの、誰のターンであってもドローする前にカードを準備ゾーンに置くことが出来ます
基本的には、後攻になってしまった場合に、相手ターンの開始前にカードを置くことですね
「ショウグンギザミ」「ナルガクルガ」などを伏せておくことが出来るので、相手の1ターン目の狩りの邪魔ができます

中級ハンターはこの2枚
2枚とも甲殻(黄)に統一してあります
img232.jpg

どちらもクックSシリーズなので片方でも場に出ていれば、デッキに入れてある「イャンクック※」を出すことができます

「雷神宝剣キリン」ですが、能力が「狩場に自分★5以上の『双剣』がある場合、このカードのパワー+500」なので、最大限に能力を発揮できるのは「双聖剣ギルドナイト」が出てからですね
なので、「双聖剣ギルドナイト」「闇夜剣【昏冥】」のどちらに先に強化しようか悩んだら、「双聖剣ギルドナイト」が先のほうがいいでしょう

もちろん状況によって変わってくるものなので、臨機応変に対応しましょう

「封龍剣【超絶一門】」は、このカードを出したときに手札を1枚捨てればデッキから『片手剣』を手札に引っ張ってこれます
基本的には「闇夜剣【昏冥】」を引っ張ってきましょう
更に<オープン>効果で、狩場の『片手剣』のパワーを+300できる効果もあるので場に出すことがなくなっても、間接的に使っていくことが出来ます

最後は最上級ハンターですね
このデッキでは2種類のハンターを採用しています
img233.jpg

「双聖剣ギルドナイト」はパッと見パワー900と低めですが、自分の準備ゾーンに裏向きのカードがあれば、1枚につき+300されます
なので、最高4枚裏向きでパワー2100まで上昇します
狩りの最中でも、<オープン>効果を使ったり、相手の効果で表向きにされたりしたらパワーが下がるのでしっかり計算しましょう

「闇夜剣【昏冥】」
は強化能力こそないですが、効果に選ばれないという能力を持っています
キャンプにいても狩場にいてもこの効果が発動し、さらに「相手の」カード能力に選ばれないというものなので、自分のカードの効果に選ぶことが出来ます

ただし、選ばない効果は受けてしまうので注意しましょう
たとえば「狩場にある先頭のハンター」は選んでいないので、効果を受けてしまいます
「狩場にあるすべての★3以上のハンター」も選んでいないので、効果を受けます


1枚1枚説明するのはしんどいですね!(´・ω・`)
ターゲットモンスターは扱いやすいものをチョイスしたハズなので、割愛します!
手抜きじゃナイヨ?

さて、基本的には「大地を泳ぐモンスター」をオープンして「イャンクック※」を呼び出します
コレでGP300ですね
あとは1700なのですが、このデッキではGP600のカードを3枚オープンしてGP1800を稼ぐことになります

そのGP600のターゲットモンスター「ドドブランゴ亜種」と「イャンガルルガ」ですが、狩るときはこの順番で出しましょう
img237.jpg

どちらもパワー2500なので、同じ狩り方でOKです
パワー2500に対して1400+1200なので2600で討伐可能ですね

単体でパワー2500を叩き出せるカードは限られているので、普通に考えて割り込みは「イャンクック※」の後ろになります
なので、割り込まれたら「ショウグンギザミ」を使って後ろに下げてやりましょう
普通のハンターであれば、「ショウグンギザミ」を使われると元の位置に戻ってしまうのですが、「闇夜剣【昏冥】」相手のカードの能力に選ばれない能力を持つので、「ショウグンギザミ」を使われる心配がありません
ただし、先にも述べたように対象をとらない効果は影響を受けてしまうので気をつけましょう
その場合は、オトモカードの「鬼人笛ニャ」などでパワーアップして対抗しましょう
「闇夜剣【昏冥】」は自分のカードであれば対象に選べるので、パワーアップできますよ

中速タイプのデッキですが、カードの枚数がやや少ないので安定性には少し欠けます
最初の手札で「イャンクック※」「雷神宝剣キリン」「封龍剣【超絶一門】」のどちらかが手札にあれば言うことナシですね

1枚しかない「イャンクック※」をいかに早く出せるかで大きく状況が変わってくるので、何が何でも「ドスガレオス」を討伐して「大地を泳ぐモンスター」をオープンしましょう
「イャンクック※」さえあれば天燐狩りも安定して行えます


このデッキで基本的なカードの使い方は覚えられて練習できるハズなので、慣れてきたら自分オリジナルのデッキを組んで公認大会に出てみてください

負けてしまうかもしれませんが、終わった後にわからないこととかあったら聞いてみるといいですよ
トレードなんかも思い切って申し込んでみるといいかもしれません
ただ、「カードちょうだい!」はさすがに引くので「トレードしてもらえませんか?」とか「カード見せてもらえませんか?」などにしましょう

名古屋プレイヤーの方であれば、カードブランチ金山に私がたまーに出没しますので質問とかトレードとかお話聞きますよ(`・ω・´)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://milukayurika.blog76.fc2.com/tb.php/33-faabd982
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。