--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、ハンター編2回目は「片手剣」&「双剣」です
ゲームでも片手剣は初心者向けの武器として紹介されていますが、MHHCでも片手剣は扱いやすい部類に入ると思いますよ


05-46 RARE-1 ソルジャーダガー
img181.jpg

パワー200と低めの数値の初期ハンター
ただし、自身の効果でパワーアップできます
条件は、キャンプか狩場に自分の『大剣』があること自分のサブデッキ置き場に表向きのカードがあることの2つです

前者は大剣とデッキを組むだけで満たせるので難しくは無いですね
後者のサブデッキ置き場の表向きのカードというのは、少しわかりにくいですね
MHHCではクエストに対応したターゲットモンスターを討伐したときに、サブデッキのクエストカードを表向きにしてクエストをクリアしたことになります
そして、クエストカードが表向きになっている状態であればオトモカードが使えるので、使うときに条件を満たして表向きにすればオトモカードの効果が使えます
つまり、クエストカードオトモカードは表向きにした時点で「ソルジャーダガー」の条件が満たせますね
クエストを1枚、オトモを1枚それぞれ表向きにしてあれば「ソルジャーダガー」パワー600になります

他にもサブデッキ置き場に表向きで置かれるカードはあって、同5弾収録の「ドスジャギィ」「ラギアクルス」、2弾収録の「尻尾切断」「角破壊」などが当てはまります
これらの紹介はまた今度

デッキ次第では初期ハンターでありながら、パワーがどんどん上がっていく可能性を秘めたカードです
ただ、★1ハンターなのでデメリットがあることもお忘れなく


05-47 RARE-1 ヒドゥンエッジ
img182.jpg

これといった効果も無い中堅ハンター
パワー800と相応のスペックですね
1弾にほぼ同じスペックの「ハイガノススパイク」があるのですが、いくつかの違いがあります
「ヒドゥンエッジ」バサルSシリーズなので、同5弾収録の「バサルモス※」が使えるのが大きな違いですね
「ハイガノススパイク」パピメルSシリーズなのでギルドモンスターが用意される可能性が低いので、使いやすさとしては「ヒドゥンエッジ」のほうが使いやすいですね
ちなみに、「ヒドゥンエッジ」は鱗(黄)、「ハイガノスパイク」は甲殻(黄)なので、デッキによって使い分けましょう


05-48 RARE-3 暗夜剣【昏冥】
img183.jpg

パワー1200と少し物足りない感じがしますが、効果は強力
猛威を振るっている「ガノカットラス改」と同じ、カードの能力に選ばれないというもの
選ばれない効果なので、「狩場にある★5以上のカードは~」や「狩場にある先頭のハンターの~」などの対象にはなってしまいますが、「ショウグンギザミ」など「選んで~」と書かれている対象を取る効果が効かないのが強みですね

相手のカードの能力に選ばれないなので、自身のカードの効果は適応されます
自分の「ショウグンギザミ」の効果を自分の「暗夜剣【昏冥】」に使うことも可能です

使い方はトリッキーな上に、パワー不足も否めないので扱いが難しいかもしれませんが使いこなせれば妨害にも強く、強力なカードであるのは間違いないのでぜひ使いこなしてほしいですね


05-49 RARE-1 クックツインズ改
img184.jpg

効果は地味ながら強力なモノ
ターンの開始時に手札から準備ゾーンにカードを置くことができます
ターンの開始時なので、自分が後攻の場合でも相手の1ターン目のはじまる前に置くことができます
この効果は4弾から追加されましたが、今まで猛威を振るっていた「ラオ極デッキ」が減っていった要因の一つでもあります
と同時に、1ターン目の大物狩りが安定しなくなりましたね

パワー300なので、自分の小物狩りも難しいですがそれを差し引いても強力な効果であるのは確かです


05-50 RARE-2 轟爪【虎血】
img185.jpg

中堅ハンターでありながらパワー1000と高めの数値
その代わり、条件も鱗(黄)+①を要求されます
なので、先攻1ターン目で出すには「キノコ採取」などのサポートが無ければ出せません

能力は基本的にデメリット能力
自分の手札が相手より多ければパワー500に下がってしまいます
必要以上に手札を準備ゾーンに置いたりして減らしたりする必要があるので、扱いが難しいと感じるかもしれませんが、この効果を逆に有効に使えるようになれば上級者の仲間入りです(`・ω・´)

ちなみに、同5弾収録の「ヒプノック※」に対応しているハンター


05-51 RARE-4 機神双鋸
img186.jpg

甲殻(赤)だけで出せる最上級ハンターでありながらパワー1800と高め
ただしデメリットがあり、ありに参加した場合必ず横向きになってしまいます

ほぼメリットのない効果なので扱いづらさは天下一品
一応同5弾収録の「グラビモス亜種※」に対応した唯一のハンターなので、「グラビモス亜種※」を使いたければイヤでも組み込むことになるカード

出ると悲しい気持ちになれるハズレレア4カード(個人的に思ってるだけです)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://milukayurika.blog76.fc2.com/tb.php/23-7ab37bd0
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。