--/--/-- -- --:-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息を吸うと咳が出てしんどいですネ~
う~ん…なんだろう…?


さて、現役で使っている「角破壊アイシクル」の解説をしていきましょう
デッキレシピは前回の記事をご覧ください

「角破壊アイシクル」

基本的にこのデッキはドローに特化させており、デッキパワー自体は低いです
実際、フィニュッシュ用と呼べる大型のターゲットモンスターは採用しておらず、GP600のクエストをこなしていくことになります

このデッキのハンターは「ツインブロスハンマー」「アイシクルボウⅡ」
「ツインブロスハンマー」は当然角破壊をすることが仕事になります
「モノブロス」の角を折って2ドローしつつ「角破壊」をオープン、「モノブロス亜種」もぴったり討伐可能で、割り込みされたとしても2ドローと甲殻(赤)が確保でき「アイシクルボウⅡ」に繋がります

「アイシクルボウⅡ」
は、手札の枚数に応じてパワーが増減するカードなので場合によっては「ツインブロスハンマー」よりもパワーが低いときもあります
「アイシクルボウⅡ」の仕事は「モノブロス亜種」および「イヤンガルルガ」の討伐です
「モノブロス亜種」に関しては角は折らずパワー2200のまま狩るので割り込みできるハンターも限られてきます
「イャンガルルガ」に関しても同じで、基本的に単体で狩りに行きます

狩に行く前には「ツインブロスハンマー」で、できる限り角を折って手札を増やしておきます
場合によっては「回復ニャ」も使います

このバージョンは以前のモノに、「ドスファンゴ」が採用されているのですが理由はもちろんあります
「ツインブロスハンマー」のパワー底上げにもなりますし、なにより「アイシクルボウⅡ」のパワーが手札1枚分上がることになるので、「猪突猛進!ドスファンゴ」が2枚オープンしてあれば「ご挨拶するのニャ」を使われても「トレーニングニャ」1枚使うだけで「モノブロス亜種」が狩れます
基本的にはハンデス対策ですね

パワー2000を超えることは日常茶飯事なので「リオレウス」の<アクティヴ>が怖いです
なので「ゲリョス」を採用してあります、「リオレウス」を見かけたら「ゲリョス」<オープン>で裏向きにして無効化させます
「イャンガルルガ」はメインターゲットであるほかに、相手プレイヤーの妨害という大事な役割も担っています
ギルドモンスターのパワー-900と結構な下がり幅なので、状況さえ間違わなければ妨害力は高いです
銀レウスデッキ相手の場合も、天燐狩りを止めることこそ出来ないものの、2枚連続狩りは止めることができます



-あとがき-
角破壊デッキは使っていて楽しいですね
コンセプトデッキが発売されたおかげで「角破壊」や「モノブロス」「モノブロス亜種」をピンポイントでそろえることが出来るので、作りやすくなったのも嬉しいですね
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://milukayurika.blog76.fc2.com/tb.php/106-da02bbe1
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。